【7/22】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」|コミュニケーションプランニング講座

第一線で活躍するクリエイターから、コミュニケーションプランニングやキャンペーンプランニングの技術が学べる「コミュニケーションプランニング講座」。

第3回目として7月22日(金)19時30分~21時、CXCC / Dentsu Lab Tokyoの越智一仁氏をお招きし、「『脱・思いつき』アイデア術」と題してオンライン講座を開催します。

参加を希望される方は、ページ下部「このイベントに参加する」より参加のお申込みをお願いします。お申込み頂いた方にのみ、イベントURLを講義開始1時間前にご登録のメールアドレスにお送りします。

※講義後4週間視聴できるアーカイブ動画は、講義終了後、数日で本ページ内に表示されます

【講義名】
越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」

【講義内容】
「アイデアの考え方」を、論理的に誰にでもできるように解説する講義です。「さあ、アイデアを考えよう!」という時に、普段みなさんはどうやっていますか? 実は、ある程度のレベルのアイデアは、公式や物差しを使うことで導きやすくなります。かく言う私も、かつてアイデアを考えることが苦手だったひとりです。「コミュニケーション領域のアイデア」を考えるためのポイントはひとつ。「視点を変えること」。この講義では、私が担当した具体的事例を通し、その企業や商品に対してどのように視点を変えたのか? また、それによってどのような効果があると仮説を立てたのか? などを論理的にわかりやすく紐解いていきます。

越智一仁(おちかずよし)
1980年生まれ。2005年九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)大学院・芸術工学府修了。同年電通入社。CXCC / Dentsu Lab Tokyoのクリエーティブ・ディレクター / コミュニケーション・プランナー。映像表現、デジタル、PRなどが得意領域。主な仕事は、ネピア「Tissue Animals」、小林市「ンダモシタン小林」、グリコ「GLICODE」、ヤフー「聞こえる選挙」、ヤッホーブルーイング「先輩風壱号」「無礼講ースター」、森ビル「DESIGNING TOKYO」など。

イベント詳細

開催日時 2022年07月22日(金)
19:30-21:00
開催場所 安定したインターネット環境でご受講下さい(PC、スマホどちらでも視聴可)
定員 100名申込可
申込締切日時 2022年07月21日(木) 16:00
問い合わせ先 奈良新聞社イノベーションデザイン室
digital@nara-np.co.jp
備考 講義への参加は、講義開始時点で会員であることが条件となります。参加申込み後、開始日時までに退会された場合、講義への参加資格は消滅しますのでご注意ください

このイベントはプレミアム会員限定コンテンツ(月額2,990円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:0文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【7/6】鳥海雅弘「奇襲広告_潤沢にない露出で目立つ」|ADBOX

【動画】栗田雅俊「いま愛がいる」|コミュニケーションプランニング講座

【動画】大石タケシ「広告も、川の流れのように」|ADBOX

【動画】玉山貴康「あるコピーライターの伝え方」|ADBOX

イベント参加 キャンセル確認

以下のイベントへの参加申込をキャンセルします。
よろしいですか?

  • 【7/22】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」|コミュニケーションプランニング講座

イベント参加 キャンセル完了

キャンセルが完了しました。