【クリアド】6月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、GOOD INNOVATION LABプレミアム会員向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「6月1日『写真の日』に写真の価値について考えられる広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

今月の最終審査は通常の28日から変更、5月24日19時から奈良新聞デジタルのvimeoで配信します。審査は西島知宏氏、田中泰延氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

田中泰延(たなかひろのぶ)
1969年大阪生まれ。青年失業家。株式会社 電通でコピーライターとして24年間勤務ののち退職、2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。2020年、出版社「ひろのぶと株式会社」を設立、代表取締役。2019年6月初の著書『読みたいことを、書けばいい。』、2021年10月『会って、話すこと。』を上梓。

この記事は無料会員限定コンテンツです。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1329文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】8月掲載|最終審査動画

【参加受付中】コミュニケーションプランニング講座

【クリアド】8月掲載|ファイナリスト発表

【クリアド】7月掲載|最終審査動画